CORDOVAN財布※水染めコードバン※人気ランキング!【5選】

ランキング

水染めコードバン財布の人気ランキング

水染めコードバンは、別名「アニリン染めCORDOVAN」とも呼ばれている革素材。代表的なCORDOVAN素材と言えます。(※水染めコードバン素材の特徴はこちらの記事:水染めコードバンとは!?をご参照ください。)

ただ、近年では「取扱いやすさ(作り手・使用者双方)」が重視される中、”オイルコードバン”が主流に。

上質な水染めコードバン財布は数が少なくなってきており、貴重なアイテムとなりつつあります。

ここでは、そんな貴重な水染めコードバン財布にて、「評判」「販売実績」を指標とした人気アイテム【BEST5】を厳選・紹介いたします。

水染めコードバン財布選びのご参考としていただければ幸いです。

水染めコードバン財布の人気ランキング【BEST5】

ランキング

昔は、上質な水染めCORDOVAN財布も多彩なアイテムが市場に流通していましたが、年々CORDOVAN素材の希少性が高まるとともに、アイテム数が減少しています。

反面、一般市場にて”安価”で販売されている水染めコードバン財布(自称)を見かける機会が増えていますが、それらは偽物であったり、品質の低い素材仕様であったりするケースが多いので注意が必要に。

現在、上質な水染めコードバン財布は「希少」「高級」な革財布となっていることを知っておいていただければと思います。

そんな貴重&高価な水染めコードバン財布の中から、現在、評価の高い(評判及び販売実績)アイテム【5選】が下記となります。

NO.1:マイスターコードバン長財布「ハイフライヤー」

ハイフライヤー

*ブランド:ココマイスター(COCOMEISTER)
*素材:水染めCORDOVAN+ミネルバボックス
*価格:¥67,000円(税込)
*色彩:ブラック、ボルドーワイン
*販売店:ココマイスター公式オンラインショップ

現在、日本の革ブランドの中で最も勢いのあるブランドとなっているのが、ココマイスター(COCOMEISTER)です。

そんなココマイスターが創作している水染めコードバン財布シリーズが”マイスターコードバン・シリーズ”。中でも、最上位の人気を有しているのが、こちらの「ハイフライヤー(長財布)」です。

外装に”水染めCORDOVAN”を使用。内装には、人気のイタリアオイルレザー”ミネルバボックス”を使用しており、エグゼクティヴな高級感が魅力となっています。

”ハイフライヤー”の商品レビューをこちらの記事(水染めコードバン長財布・ハイフライヤー)にて記していますので、併せてご参考にしていただければと思います

  1. ハイフライヤーの商品詳細・購入はこちらから。(公式SHOP)

NO.2:マイスターコードバンラウンド長財布「スカイスクレーパー」

スカイスクレーパー

*ブランド:ココマイスター(COCOMEISTER)
*素材:水染めCORDOVAN+ミネルバボックス
*価格:¥70,000円(税込)
*色彩:ブラック、ボルドーワイン
*販売店:ココマイスター公式オンラインショップ

”ハイフライヤー”に続く、人気・評判を得ているのが、同じマイスターコードバン財布シリーズのラウンドファスナー長財布「スカイスクレーパー」です。

近年メンズ財布として、”ラウンドファスナーデザイン”は”フラップデザイン長財布”と同程度の人気を得ています。高い収納力が大きな魅力となっています。

ただ、”ファスナー”がある分、使い方によっては、数年でファスナー金具が損傷してしまうケースも。「ポケットに入れることも難しい」ことから、普段、カバンを持って外出する方に適した長財布となります。

”スカイスクレーパー”は貴重な水染めCORDOVAN仕様のラウンドファスナー長財布。美しい艶感と高級感を併せ持つ財布として、高い評価を得ています。

※現在原皮の入手が困難となっているようで、「在庫切れ」期間が長くなっている状況。再入荷のタイミングをお見逃しなく。

再入荷のタイミングを知る方法は、こちらの記事(ココマイスターとは!?)をご参考にしていただければと思います。

  1. スカイスクレーパーの商品詳細・購入はこちらから。(公式SHOP)

NO.3:TAVARAT水染めコードバン長財布「Tps-034」

TAVARAT水染めコードバン長財布「Tps-034」

*ブランド:TAVARAT
*素材:水染めCORDOVAN+キップレザー
*価格:¥29,800円(税込)
*色彩:ブラック、ダークブラウン
*販売店:TAVARAT公式SHOP

TAVARAT(タバラット) は、大阪を中心に日本各地の金属加工、織物、皮革製品等の各工場 と提携する形で革製品を創作している革ブランド兼セレクトショップです。(他革ブランドの財布アイテムも販売)

そんなTAVARATが手がけているCORDOVANアイテムがこちらの水染めコードバン長財布「Tps-034」です。

外装に”水染めCORDOVAN”。内装に強度の高い”キップレザー”を組み合わせて仕立てられている長財布。品質と価格のバランス的には、とってもお買い得な水染めコードバン長財布と言えます。

個人的にも”価格”が大きな魅力となっているものと感じています。

「2014年11月」に創業されたばかりの若いブランドですので、まだ知名度は低いものと思われますが、”モノづくり”に情熱を傾けていることが商品を通じて伝わってきます。

今後、着実に評価が高まっていくのではないかと思っています。

  1. TAVARAT「Tps-034」の商品詳細・購入はこちらから。(公式SHOP)

NO.4:YUHAKUコードバン長財布(札入れ)「YFC111」

YUHAKUコードバン長財布(札入れ)「YFC111」

*ブランド:YUHAKU(ユハク)
*素材:水染めCORDOVAN+キップレザー
*価格:¥58,320円(税込)
*色彩:ブルー、ダークブラウン、ワイン、グリーン
*販売店:YUHAKU公式オンラインショップ

YUHAKU(ユハク)は「高度な革染技術」を獲得した革職人自らが立ち上げた革ブランドです。

YUHAKUならではの個性であり、最大の魅力となっているのも高度な染色技術によって創出されている「色景色」。特に、難度の高い”革の手染め”による美しいグラデーションのある色景色は、YUHAKUのみが創出できる魅力に。

こちらのYUHAKUコードバン長財布(札入れ)「YFC111」も水染めCORDOVAN素材をベースに”手染め”を加えることで創作された”美しい色景色”が魅力となっています。

”オリジナリティー”に価値を感じる方にとって、最高のCORDOVAN長財布となるものと思います。

ちなみに「YFC111」は札入れタイプ(小銭入れ無し)の長財布。スーツの内ポケットなどに財布を入れて持ち歩きたい方におすすめのアイテムとなりそうです。

  1. YUHAKU「YFC111」の商品詳細・購入はこちらから。(公式SHOP)

NO.5:マイスターコードバン二つ折り財布「ラスティング」

マイスターコードバン二つ折り財布「ラスティング」

*ブランド:ココマイスター(COCOMEISTER)
*素材:水染めCORDOVAN+ミネルバボックス
*価格:¥48,000円(税込)
*色彩:ブラック、ボルドーワイン
*販売店:ココマイスター公式オンラインショップ

”二つ折り財布”はどちらかというと”カジュアル”な印象となりやすい中、水染めCORDOVAN仕様の折財布は、”フォーマル”な印象を感じさせてくれる折財布となります。

そういう意味で二つ折り財布の中で常に高い人気を得ているのが「水染めコードバン仕様二つ折り財布」なのです。

こちらのマイスターコードバン二つ折り財布「ラスティング」は外装に”水染めCORDOVAN”、内装に”ミネルバボックス”のコラボにて仕立てられたマイスターコードバン財布シリーズの折財布です。

折財布はジーンズのバックポケットなどに入れる機会も多いため、「革の強度」「財布の耐久性」が必要となるもの。

最上級の”耐久性”を有するCORDOVAN素材は折財布に最適な素材のひとつなっています。

末永く愛用できる折財布を探している方に「ラスティング」は最適なアイテムとなるものと思います。

  1. ラスティングの商品詳細・購入はこちらから。(公式SHOP)

水染めコードバン財布のお手入れ

水染めコードバン財布は”美しい艶感”が最大の特徴であり、魅力となっています。ゆえに、「艶が無くなった」状態は水染めコードバン財布の魅力が損なわれている状況と言えるもの

  • 艶を回復するためのお手入れ

がポイントとなります。

コードバン財布用の”お手入れクリーム”が販売されており、「艶を回復したい」時に使用するのですが・・・。反面、高い頻度にて「クリームを使用したお手入れをすること」はおすすめできません。

  1. コードバン財布に”クリーム”でのお手入れは必要なのか?!

それは、「クリームなどの使い過ぎ」が逆に艶を鈍らせてしまう要因となることがあるからです。

基本的には、財布に汚れが付着していると感じた時に、財布表面の汚れを払うための”ブラッシング”を行っていればOKです。

  1. コードバン長財布のお手入れ!ブラッシングを丁寧に。

また、水染めCORDOVAN財布は「水の付着に弱い(水シミになりやすい)」という特性を有していますので、雨水などが財布表面に付着した時には、なるべく早く水滴を拭き取ることを心がけていただければと思います。

まとめ

昔ながらのスタンダード仕様の水染めコードバン財布と言えば内装に「ヌメ革」を使用しているアイテムです。

しかし、近年では上記でご紹介しているように、内装に”ヌメ革”よりも強度が高く、よごれが目立ちにくい革を使用したアイテムが人気となっています。

内装の”ヌメ革”は使用していく中で「黒ずみ汚れ」が目立つようになってきます。このことを敬遠したいと考える方が増えてきているのかもしれませんね。

併せて読みたい「コードバン」関連記事

  1. コードバン財布(TOP)

併せて読みたい「コードバン財布」関連情報