本革財布というと、必然的に日々のお手入れが欠かせない・・と思っている方も少なくないものと感じています。高価なコードバン財布ともなれば、尚更、お手入れ・メンテナンスの重要性を感じてしまうのかもしれませんね。

  1. おすすめの革財布(メンズ)

コードバン財布のお手入れとして「クリーム」の必要性は?

クリーム財布のメンテナンスアイテムとして、実際に「コードバン専用のお手入れ用クリーム」が販売されています。

また、コードバン財布を購入した時に、そのSHOPから、財布のお手入れ方法などの情報として、”お手入れ用クリームの活用”を勧められるケースも多々あるものです。

そういう状況を考えると、コードバン財布を活用する上で、定期的に”クリーム”を使用したお手入れが必要なのかな~と思ってしまいますよね。

でも、結論からお話すると、コードバン財布に何か大きなダメージや変化(主に革表面の毛羽立ち)がない限り、”クリーム”を使ったお手入れは必要ないものと考えています。まあ、一般的なメンズ革財布においても、あまり頻繁にクリームでのお手入れは、する必要は無いものと思っています。

水染めコードバンに余計な成分を与えすぎると”艶感”が失われてしまいます。

CORDOVAN素材にも、種類があり、それぞれ特性が異なっていますので、種類ごとに対処が異なることは、前提条件として、まずはしっかり認識しておいていただければと思います。

その上で、代表的なCORDOVAN素材となる「水染めコードバン仕様の財布」に関するお話となります。

水染めコードバン財布の最大の魅力が『自然な美しい艶感』ですよね。輝きが感じられる光沢感が水染めコードバン財布の最大の特徴であり、人気のポイントとなっています。

この水染めCORDOVANの美しい艶感は、”革繊維が均一に整っていること””革表面の均一さ”によって、創出されている要素。オイルなどの成分的な要素によるものではないんですね。

そんな”水染めコードバン財布”に対して、”クリーム”を施す(塗布する)ということは、余分な脂分を付加させることを意味しています。ですから、クリームを活用した結果、「艶が鈍る」「革表面が曇りがかって見える」ようになってしまうことがあるのです。

水染めコードバン財布の革表面に”艶のムラ”が?!

水染めコードバン財布のお手入れとして、クリームを使用したときに、艶が無くならないまでも、「艶のむら」が生じてしまうことがあります。全体的に均一で輝かしい艶感を有しているのが、水染めコードバン財布の魅力。

クリームを施したことによって、”艶のムラ”が生じてしまっては、水染めコードバン財布の魅力が半減してしまいますよね。それでは、何のためのお手入れだったのか・・・本末転倒な出来事となってしまうと思いませんか?

「コードバン専用クリーム」の落とし穴。オイルコードバンに使用不可なものも。

お手入れクリームCORDOVAN素材の特性に合わせて、開発された「コードバン専用のお手入れクリーム」が存在しています。

例えば、こちらは、本革用お手入れアイテムのトップメーカーのひとつ”コロンブス”が創出しているコードバン専用クリーム「ブートブラックシルバーライン」です。

コードバン財布のお手入れ用クリームとして、おすすめの一品のひとつとなります。

ただ・・とっても注意が必要なポイントがあるのです。まあ、一般の方は、本革素材の種類や特徴をそれほど理解はしていないものですよね。(まあ、それが当たり前だと思います。)ですから、”コードバン財布”と言うと、すべて同じイメージで捉えてしまいやすものなのですが・・。

途中でも、お話しているように同じコードバン財布と言われているものであっても、使用されているCORDOVAN素材の種類が異なれば、特性が大きく違ってしまうものなのです。

ここに、示したコロンブス・コードバン専用クリームは、”水染めコードバン財布”には、使用できますが、”オイルコードバン財布”には、使用不可なものとなっています。そう・・コロンブス・コードバン専用クリームに限らず、他の商品においても、”コードバン専用”と表記されていても、オイルコードバン財布には使用できないものが案外多く存在しているのです。

そもそも、オイルコードバン素材は、天然オイルをたっぷりと皮繊維内に浸透させることによって、創出されるCORDOVAN素材。ゆえに、最初から革繊維内に含まれている天然オイルと異なる成分の脂分が加わることは、変質などを生じさせる要因となることがあるからなのです。

オイルCORDOVAN素材とは?!素材特性と魅力

各お手入れクリーム商品には、かならず小さな文字で、注意事項や使用区分などが記されてはいますが、コロンブスのような海外製品だと、英語表記となっていたりしますからね・・正直、そんな内容表記には、気が付かない人のほうが多いのではないでしょうか。

何のために、コードバン専用クリームが存在しているのか?!

それじゃ~なんのために「コードバン専用クリームが存在しているのか?」と思いますよね。もちろん、それには、ちゃんとした理由が存在しています。

まず、原則として覚えておいていただきたいのが

水染めコードバン財布において、艶が失われてきたと感じたときに、美しい艶を回復させる目的で活用するのが”コードバン専用クリーム”です。

ということ。そう、基本的に水染めコードバン財布の艶が失われてから、もしくは、革表面のダメージ(キズや毛羽立ち)が目立つようになったら、初めて行うのが”専用クリームによるお手入れ”なのです。





水染めコードバンの艶が失われるのは、革表面の繊維断裂(毛羽立ち)によるもの。

水染コードバン水染めコードバンの艶が失われるのは、CORDOVAN素材の構造的な要素が重要なポイントとなります。

水染めCORDOVAN素材とは?!素材特性と魅力。

一般的な革素材の場合は、「銀面+床面」の二層構造を有しています。

対して、CORDOVAN素材は、「CORDOVAN層」のみの一層構造となっているのです。革表面の”銀面”が無いんですね。

それゆえに、使用していく中で、徐々に革表面の皮繊維が断裂して、毛羽立つようになるのです。(そんな特性を有してるのです。)この皮繊維の毛羽立ちが革表面の均一性を損なうことで、”艶感”が失われていくのです。

ゆえに、水染めコードバン財布の美しい艶感を回復させるためには、皮繊維の毛羽立ちを無くすことが肝となります。そのために、効果を発揮するのが「コードバン専用クリーム」となのです。皮繊維の毛羽立ちを押さえてくれる働きをしてくれるわけです。

また、コドバン素材が乾燥しすぎることも、皮繊維の毛羽たちを促進させる要素となるもの。コードバン繊維用クリームは、革素材の”保湿”ももたらしてくれるのです。

コードバン財布のお手入れにおすすめのクリームとは?!

CORDOVAN素材は、デリケートな特性を持つ革素材のひとつです。ゆえに、コードバン財布のお手入れに使用するクリームとしては、「有機溶剤を含んでいない、天然成分にて作られているもの」であることが、大切なポイントとなるものと考えています。

また、先に記したように、革繊維の毛羽立ちを押さえる上で「保湿力を有していること」もコードバン財布のお手入れに使用するクリームに求めたい機能性と考えます。

そんな2つの要素を兼ね備えている代表的なお手入れ用クリームがこちらのコロニル・シュプリームクリーム。コロニルは、世界最高峰の革製品メンテナンスアイテムを創出するメーカー。とても多様なラインナップが揃っています。

財布の中央部に「毛羽立ち」が目立ってきたら、コードバン財布の買い替え時に!

コードバン財布の「端部」であれば、まだ問題はありませんが・・表面中央部に、「毛羽立ち」が目立ったきたなら、財布の買い替え時期です。

CORDOVANは、同じ方向に革繊維が揃っていますので、財布の中央部分の毛羽立ち(革繊維の断裂)が多くなってきた状態というのは、財布の強度・耐久性が衰えたことの証となるもの。

使えなくなってしまう前の程よいタイミングで財布の買い替えをしておきたいものです。

上質なCORDOVANを使用して、革職人か仕立てた本物志向のコードバン財布は、こちら革職人仕立てのコードバン財布LISTをご参照いただければと思います。

■■最新再入荷情報!

シェルコードバン無双仕様フラップ長財布「スタンフォード」が再入荷しました。すでに、残り僅か。貴重な購入機会となっています。

また、ラウンドファスナー長財布にて、「ファスナーの不具合」が生じたときは、「修理or買い替え」の判断が必要に。こちらの記事『革財布の”ファスナー”が壊れた時。”修理か?”or”買い替えか?”』をご参考にしていただければと思います。

  1. おすすめの長財布(メンズ)!個性的な革工房のLONG-WALLET【21選】

本物志向のコードバン(CORDOVAN)財布LIST!

コードバン財布※ランキング※関連記事

  1. CORDOVAN財布※水染めコードバン※人気ランキング!【5選】