コードバン財布!大人の男性に人気の革財布。

革財布に”こだわり”を感じるようになってくると、その存在感が増してくるのが「コードバン財布(長財布・二つ折り財布)」です。

革財布にあまり興味を有していない人にとっては、”CORDOVANって何?”という感じかと思いますが、革素材の中で”CORDOVAN”は、最高級な革素材のひとつとして位置づけられているもの。

日本においては、特にステータスの高い革財布として認知されています。

私も、そんなコードバン財布の魅力に魅せられた一人。私が体験してきたコードバン財布の魅力をお伝えできればと思っています。

また、その他革仕様の財布に関しては、こちらの大人のメンズ革財布などをご参照いただければと思います。

目次

新着記事


2020年2月15日
NEW! ジーンズ・スタイルにお似合いのコードバン長財布ランキング!

2019年9月25日
ナチュラルコードバンとは!?本格的なエイジングが楽しめる革財布

2019年9月25日
コードバン財布に”クリーム”でのお手入れは必要なのか?!

2019年7月18日
水染めコードバン(CORDOVAN)とは?!輝きが魅力の革財布

2019年7月18日
蝋引きコードバンとは!?水シミになりにくい実用性の高い革財布

コードバン(CORDOVAN)財布の特徴と魅力

コードバン財布は、古くから愛されてきているメンズアイテムです。多くの方が手軽に活用できる実用性の高い革財布という位置づけだったのですが。

近年ではコードバン(CORDOVAN)の原材料となる農耕馬が激減。コードバン原皮の生産力が非常に少なくなっており、とても希少性な革素材となっています。

希少性が増すとともに、価格も高騰。

毎年、価格改定(値上がり)が続いている状況で、現在、コードバン財布は最高級な革財布に位置付けられるようになりました。

CORDOVAN素材を生産できるタナリーも減少。日本は世界的に見て、貴重なコードバン生産地(タナリー)となっています。

コードバン財布を創作している日本革ブランド&革工房。

CORDOVANをなめし加工できる貴重なタナリーが存在する日本は、必然的に品質の高い「コードバン財布」が創作される希少な地域となっています。

世界的に、日本製のコードバン財布は最上位に位置付けられています。

そんな上質で魅力的なコードバン財布を創出している日本革ブラント&革工房を厳選してご紹介いたします。

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)は、「欧州皮革」と「日本の革職人仕立て」にこだわりを持った革財布作りを推進している人気の革ブランド。

現在、「マイスターコードバン・シリーズ」「シェルコードバン・シリーズ」「蝋引きコードバン・シリーズ」の3つのコードバン財布シリーズが揃っています。

ココマイスター(COCOMEISTER)とは!?

ココマイスター(COCOMEISTER)コードバン財布REVIEW

  1. マイスターコードバン・アーチデューク(ラウンド長財布)
  2. マイスターコードバン・ハイフライヤー(長財布)
  3. マイスターコードバン・ラスティング(二つ折り財布)
  4. シェルコードバン・スタンフォード(長財布)
  5. シェルコードバン・ジョンブル(二つ折り財布)
  6. 蝋引きコードバン・キングフッシャー(ラウンド長財布)
  7. 蝋引きコードバン・シャーラック(通しマチ長財布)
  8. 蝋引きコードバン・ソードダンサー(ササマチ長財布)

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)のコードバン財布

GANZO(ガンゾ)は、「高級路線」のコードバン財布を創作している日本革ブランド。「10万円を超える価格帯」のアイテムをそろえています。

全体的に”ボリューム感”のあるフォルムデザインが特徴に。

SOMES(ソメスサドル)

SOMES(ソメスサドル)のコードバン財布

SOMES(ソメスサドル)は、もともと「馬具」を専門に作っていた革ブランド。現在は、馬革素材(コードバンを含めた)を使用した革財布などが人気のアイテムとなっています。

YUHAKU(ユハク)

YUHAKU(ユハク)のコードバン財布

YUHAKU(ユハク)は、「革の手染め」が特徴となっている革工房。革の手染めを行うには、熟練の技術が必要と言われており、世界的にも注目を浴びています。

グラデーションの美しい色景色が魅力のコードバン財布がオリジナリティーを感じさせてくれます。

二宮五郎商店(にのみやごろうしょうてん)

二宮五郎商店(にのみやごろうしょうてん)のコードバン財布

二宮五郎商店(にのみやごろうしょうてん)は、下町を拠点とした老舗革工房。革職人の高い技術を活かした、革財布(コードバン財布)が魅力となっています。

CYPRIS(キプリス)

CYPRIS(キプリス)のコードバン財布

CYPRIS(キプリス)は、「モルフェ社」が立ち上げた革ブランド。多彩な革素材を使用した、革財布づくりを行っており、常に進化を感じさせてくれています。

無二(MUNI)

無二(MUNI)のコードバン財布

無二(MUNI)は、革職人自らが立ち上げた革工房。ひとつひとつ丹精込めて、仕立て上げた革財布が魅力となっています。主にCORDOVAN素材を使用した財布が中心に。

土屋鞄製作所(TSUCHIYA KABAN)

土屋鞄製作所(TSUCHIYA KABAN)のコードバン財布

土屋鞄製作所(TSUCHIYA KABAN)は、もともと「革の鞄」づくりを主として創出された革工房。現在は、革財布など幅広い革製品を手掛けています。CORDOVANアイテムもそんなひとつのラインナップに。

池之端銀革店

池之端銀革店のコードバン財布

池之端銀革店は、日本の老舗革工房。個性的なフォルムデザインのコードバン財布を創作。池之端銀革店ならではの魅力を感じさせてくれるアイテムとなっています。

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)のコードバン財布

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)は、「曲線美」が特徴的な革財布を創出している革ブランド。ブランド名ともなっている「白鳥のシルエット」を思わせてくれるような、曲線が魅力的なコードバン財布が人気に。

日本製コードバン財布の特徴。

日本製のコードバン財布


欧州にて少量生産しているタナリーはありますが、本格的にCORDOVAN素材をなめし加工が可能なタナリー(革工場)は、北米(ホーウィン社)と日本(兵庫県姫路市、長野県飯田市)のみと言われています。

”日本”は、世界的なCORDOVAN産地(皮革)として位置づけられています。

ゆえに、昔からCORDOVANを使用した各種革製品(ランドセル、財布など)が日本で多く作られており、現在でも日本にて世界トップレベルの品質を有したコードバン財布が創作されているのです。

”コードバン財布”に関しては、海外ブランド財布よりも、日本製の方が品質・デザイン・機能性にて長けているのです。

そんな日本製のコードバン財布を下記記事にて特集・紹介していますので、ご参照いただければと思います。

貴重な日本製コードバン財布【30選】

”コードバン(CORDOVAN)”とは!?

コードバンは馬革素材

”コードバン(CORDOVAN)”と呼ばれている革素材は、革の分類的に言うと『馬革素材』となります。

ただ、一般的な”馬革”とは、「特性」「革風情」「革の構造」などにて、大きな違いがあります。

ですから、『馬革』と『コードバン(CORDOVAN)』は、まったく別の革素材として、認識しておいたほうが良いように思います。

コードバン(CORDOVAN)は、もともと欧州にて飼われていた”農耕馬”の一部(臀部)から採取された「コードバン層」です。

一般的な革素材は、革表層(銀面)と基盤層(床面)の二層構造となっているのですが、コードバンは基盤層(床面)の一部(コードバン層)から採取された一層構造となっています。

*コードバンは「一層構造」の特殊な革

革繊維密度が高い「高耐久性」の革

通常の革は、革繊維がランダムに交差する構造となっています。ゆえに、革繊維間にすきまが多く存在しているのです。(革繊維の密度が低い)

対して、CORDOVANは革繊維が同じ方向に揃っているのが特徴。

繊維方向が整っていることから、革繊維間のすきまが少なく、密度が高くなっているのです。

また、先ほどお話した「一層構造」であることも、表層(銀面)と基盤層(床面)の剥がれ(革の浮き、劣化)が生じないこと繋がることから、CORDOVANは革素材の中でも最高峰に位置付けられる「高い耐久性」を有することに。

コードバン財布は、適切に使用していれば一生使い続けることも可能な財布となってくれるのです。

ただし、「革の乾燥(脂分の喪失)」には要注意。

革の脂分が抜けてしまうと、革繊維が同じ方向に揃っていることが逆に弱点として表れてしまいます。

革の繊維方向に引きちぎることができてしまうのです。

CORDOVANは革の乾燥によって、極端に強度が低下する・・そんな特性を有していることを忘れないようにしていただければと思います。

*コードバンは最高峰の「耐久性」を有する革

コードバン(CORDOVAN)財布の種類

コードバン(CORDOVAN)を特徴・布瀬の違いにて体系化すると、下記のような種類に分けられます。

水染めコードバン(アニリン染めコードバン)
オイルコードバンシェルコードバンなど)
ナチュラルコードバン
蝋引きコードバン

それぞれ、「革風情」「機能性」「魅力」が大きく異なっていますので、上記リンク先の各記事にて、その違いを感じてもらえればと思います。

コードバン財布の”経年変化””エイジング”

CORDOVANの種類によって、その魅力も異なっています。昔から”経年変化の美しさ”と”エイシングの魅力”が人気となっているのが「ナチュラルコードバン財布」です。

新品時は、革素材そのものの「肌色」の色合いだったものが、使用していく中で、徐々に”光沢感”を増すとともに「飴色」へと変化していきます。

この「飴色への変化」がエイジングの魅力として語られている要素。”ナチュラルコードバン”ならではの特徴なのです。

ただ、ナチュラルコードバンはカジュアル感が強く、ビジネスシーンでは活用しにくい風情のため、近年ではナチュラルコードバン長財布は、ほとんど見かけることができないアイテムに。

ナチュラルコードバン二つ折り財布がコアな人気を有している状況です。

コードバン財布のお手入れ方法!

コードバン財布のお手入れ

革財布は、革の種類ごとに、お手入れ方法なども異なってきます。まあ、お手入れといっても、日々適度に革財布を使用していれば、頻繁なお手入れは不要なもの。

日常的なお手入れとして意識しておきたいのは

  • 水(雨など)が付着したら、なるべく早く水滴を拭き取ること。
  • 革財布の表面に汚れが付いたら、”専用ブラシ”などで汚れを拭き取ること。

この2つのお手入れを意識していれば、それで十分なものです。

革財布にとって、大敵なのは『乾燥すること』です。でも、革財布って、日々使用していれば、手で触れることによって、「脂分」が適度に付加され乾燥しないで済むものなんですよね。

使用しないで、置きっぱなしの期間(保管)が長くなる時は、要注意。ワッスクやクリームなどによる、定期的に小まめなお手入れが必要となります。

CORDOVANは、他の革素材とは、構造が大きく異なる特殊な革。必然的に、お手入れのタイミングゆ方法なども異なってきます。

そんな”コードバン財布のお手入れ”に関して、下記記事にて記していますので、ご参考にしていただければと思います。

コードバン財布に”クリーム”でのお手入れは必要なのか?!
コードバン長財布のお手入れ!ブラッシングを丁寧に。

人気のコードバン財布!本物志向のコードバン財布をご紹介。

実は、コードヴァン財布が市場に最も多く流通しているのが日本なんです。現在、世界的に見て、CORDOVAN素材を創出・加工できるタナリー(革工場)は、極わずか。

上質なCORDOVANを創出できるのは、北米(ホーウィン社)と日本(姫路市、長野県飯田市)とさえ言われているほど。日本は、CORDOVANのなめし加工・染色加工のトップランナーなのです。

ゆえに、日本では、上質なCORDOVAN素材を使用した、コードヴァン財布が多く作られている(多いと言っても、あくまでも相対的な比較によるもの。素材自体がかなり希少なものとなっていますので、他革財布と比較すると、流通量は限られています。)のです。

実は、「希少」で「高価」なCORDOVAN財布には、偽物・粗悪品が多数市場に流通しています。

一般的な”馬革”や”牛革”となどをベースとして、CORDOVAN風に仕上げた財布(偽物)や財布としては、本来使用するに値しない、低品質のCORDOVANを使用して作られた財布(粗悪品)なとが存在しているんですね。

それらの大半が、中国など海外(主にアジア圏)で作られて(縫製されて)いるもの。

ですから、様々な財布&ファッションアイテムを取扱っている一般的なオンラインショップなどにて、安価なアイテム(コードヴァン財布)には、手を出さないようにするのが賢明です。

CORDOVAN素材自体が”希少”で”高価”なもの。そんなCORDOVANで作られた革財布は、価値に見合った価格(高価)となっているのが、当然なのです。

価値の無いコードヴァン財布を購入して、後悔しないためには、「革の正規輸入ルートを有している革ブランドの公式SHOPから購入」することが大切。

ここでは、そんな本物志向の革ブランドが手がけている人気のコードバン財布をいくつか厳選してご紹介してみたいと思います。

本物志向のコードバン(CORDOVAN)財布【20選】

ちなみに、いずれの商品も通常は”売り切れ”状態とっなていることが多いもの。

再入荷後のわずかな期間中にしか、購入できないアイテムとなっています。ですから、「在庫有り」なら貴重な購入機会といえるもの。即購入しておきたいものです。

シェルコードバン仕様のラウンド長財布「アーチデューク」

水染めコードバン仕様二つ折り財布「ラスティング」

水染めコードバン仕様の二つ折り財布「CVW-WT2」

オイルコードバン&サドルレザー仕様の長財布「MWL02」

シェルコードバン仕様の二つ折り財布「ジョンブル」

シェルコードバン仕様の長財布「スタンフォード」

水染めコードバン仕様長財布「ハイフライヤー」

水染めコードヴァン二つ折り財布「YFC131」

おすすめのコードバン財布情報!

本物志向のコードバン財布に情報を活用シーン別にピックアップしてみました。「重要視してる要素(価値観)」によって、おすすめの財布も変わって来るものですからね。

Posted by van